FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-04 20:03 | カテゴリ:たわごと
昨日、またひとつ歳をとりました。
今も続く冒険の始まりは、ちょうど30歳の誕生日の3日後でした。
気づけばあそこから、もう9年も経ってしまったのです。

1年後には不惑と呼ばれる四十歳。
ようやく少しずつ、惑わなくなってきたこの頃、
昔の不安定だったころの自分を思い出しては、年を取るのも悪くないとつくづく思います。
満足のいく30代を送れていることを誇りに思い、またその幸せに感謝しています。

ところで、こんな歳になっても表向きは大学生。
そして相変わらず見た目も若く・・・
これは御年90近くにして70そこそこにしか見えない母方のご先祖女子たちの若さにつけても、
間違いなく遺伝子に組み込まれたものだと思いますが、ありがたいといえばありがたい。
でも、この実年齢と不釣り合いな入れ物は、ときに人生を不都合なものにするのです。

特に年若い日本人のと付き合うときにストレスに嫌気マックス。
なんというか、リスペクトされないのです。
第一に見た目が若いから同年代だと思われる。
なのに、女が若いことがもてはやされる日本人にとっては内実シジューが近い女なんて「おばさん」であり、
やっぱり「おばさん」には幾分侮蔑的な気持ちがこもることは否めません。

別に、崇め奉れと言っているのではないのですが、
人ととして年相応の対等感とリスペクトは、わたしにとっては人付き合いのキーワード。
ここがうまくいかないジレンマは結構致命的なのです。

ところがこの夏、このストレスマックスのわたしの前に神が降りてきた。
以下、神のお告げです。

「あえてオバチャンになりなさい」

歳を重ね、少しずつ落ち着いて、意地悪でも高飛車でもなく、
それでもものをはっきり言えるようになるということ、それだけのベースを持つことこそ、
歳をとることの美徳だと気づいたのです。
それをするには、いつまでも無駄に控えめな若者ではイケナイ。
若者が無駄にはっきりものをいうというのは生意気でしかないのです。

でもわたし、年寄じゃないけど、もう若者でもないんですもの。
ええ、精神的にはいつも闘いを挑み続けるそういう若いものはもっていますけれども、
それなりにいろんなことやってきてます。嘴はもう黄色くないんです。

それでね、いろんな言いたいことを言っても、当たり障りないのがオバチャンキャラだなって。
すこしずっこけたぐらいのオバチャンは、若者から笑いながらも自分とは別次元のものとして受け入れられる。

日本人特有の「うち」「そと」の感覚だとおもうけど、
「うち」のものはみんな均質じゃないといけなくて、
異質のものは排除しようとする(いじめの法則)。
けれど、「そと」のものになってしまえば、建前でお付き合いが効くから、
異質なものも表層的には受容できる。

「日本人の学生同士」とかのくくりで「うち」にいるのに、
なんだかちょっと知ったかぶったことを言ったり経験のありそうな異物に見えるわたしを、
あえて自分自身で「オバチャン」にして、彼らにのっての「そと」に出すことで、
建前で付き合う人間関係になる。
ちょっとぐらい気に入らなくたって、変な人に見えたって、「オバチャンだからしかたないよねー」で済む。

いいか悪いかわかりませんが、内弁慶で、人に避難されることがまだ怖い私にとって、
堂々とものをいうには、このオバチャンという手段がいちばん。
今更オバチャンに変身したところで手遅れなシガラミまみれなところもあるのですが、
そこはしょうがないから放っておいて、
すでにあるところではばっちり功を奏しているので、これはいけると思われます。

全国のみなさーん、若いのもいいですけどね、
オバチャンも捨てたもんじゃありませんよー。

おわり。




スポンサーサイト
2012-09-11 05:39 | カテゴリ:たわごと
なんかすっかり放置が基本になっておりますが、このブログ、やめたつもりは全然なく、
ただ言い訳するなら、わたくし、ものを書くのにかなり集中力とエネルギーを要するほうでして、
普段はハカセ道に全部吸い取られ、ブログを書くところまでエネルギーがまわらないのですわ。
まあ、キャパが小さいと言ってしまえばそれまでなのですが。
けれど書きたいことはいつだって堆く(うずたかく、ってこんな字なの知らなかった)天空を突き抜ける勢い。
それにしても書かな過ぎ・・・否めません。

さて、ブログ放置の傍らで、人知れずわたくし学士を終えまして、秋からはうっかり修士課程です。
ああ、ここまでどんだけ長かったんだよー。
そしてこれからまたどんだけ長いんだよー。
どんだけ思いを馳せたって、日々是前進以外にないのですが、
大学に戻ってからのこの2年は、いろんな意味で発見まみれの日々でした。
これからはこの掘り出したものに餌をやっていくことになるのですが、
その前に見付けたものは残しておかないと!ということで、ここにぱぷ再来となったわけです。
さあ、いつまで続くかなあ~。
また3日ぐらいでどろんしたら、あ、また別のことに気を取られたんだと思って次回降臨までお待ちください。

つづく(ほんとうか?)


2011-07-08 18:45 | カテゴリ:たわごと
流行りものは、流行りが去った頃に手を出すのがぱぷりか流。

こういうのを、世間では天の邪鬼と呼ぶようで。

あまのじゃく
1. 人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者。つむじまがり。あまのじゃこ。
2. 昔話に悪者として登場する鬼。「瓜子姫」に出るものが有名。
  記紀神話の天探女(あまのさぐめ)に由来するともいわれる。
3. 仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼。
  また、毘沙門天(びしやもんてん)が腹部に付けている鬼面。
4. 鳥キタタキの別名。
5. ぱぷりかの別名。


                              [三省堂 大辞林より(一部)]

子供の頃、「右向けと言えば左向く」と親が嘆いていましたが、
かあさん、わたしは今も変わらないよ

数年前に流行った小説が、うちの本棚にあることはずーっと知っていたのですが、
「流行った小説」というだけで鼻で嗤い、対して興味もなく素通りすること早2年。
ここへ来て、ヒマこきぱぷりか(ウソをつけ、やることみんな押しやってるだけのくせに)
この長いこと嘲っていた本に手を出した!

しかし、この本が、とんでもない新たな境地を見せてくれることになるとはね・・・


この小説が旬だった頃、わたくしは語学留学生でボルドーに居て、
そこでも、各国のお友達に「フランスも舞台になっているし、面白いし、日本語版も出てるから読んでみて」
と何人からも勧められてはいたんです。

ですが、この読書へのイザナイをしてくれたみなさんは、
お誘いの言葉がぱぷりか的NGワードが万歳だったということに気付いてなかったんですね。

わたくし・・・流行りモノと言われると、一発で選択肢からは除外するんですわ。

さらに、「日本語版も出ている」の一言で興味の対象から絶対的に外されたとは
ついぞ誰も知らないでしょう。

というのは、わたくし、フランス語の勉強をはじめてからというもの、
頑なに「本はフランス語でしか読まない」ことにしていましたの。
たいして読めもしないのに・・・


読めもしなくても、フランス語でしか本は読まない。
フランス語で読めないなら、読まない。

↑なんだこの覚悟。

しかしこの覚悟、つい最近まで歪むことなく、わたくしの読書への態度を決定づけるほど強固なものでした。
意思とか信念なんてものから縁遠いぱぷりかちゃんにとっては珍しく、強く堅い意思。
どうせ強い意志を持つなら、もう少し意義ある意思を持ちゃぁいいのにとは
まあまあ言ってやってくださりますな。

そして自分的にはそれでよかったんです。
少なくとも、読書が趣味のうちは。
時間制限もないし、読めなくても、どんなに時間がかかっても、
「フランス語で読書している」という甘美さに浸り、
趣味の辞書引きに興じて、
頭の中がフランス語でいっぱいになれば幸せ。
たとえ、全部が全部わからなくても・・・そのわからなさすら、フランス語の魅惑の一部。
そんな感じでした。

けれど、みそじ大学生最初の一歩のこの1年、
教授に「1週間で1冊ペースぐらいで本が読めないと、大学にはついていけないと思え」と言われ、
日本語でも読むのが速くないほうのわたしにとっては、
フランス語で1冊1週間は、ほぼ不可能な驚異的なペース。
えええ、そんなことできるようにならないといけないの??(半べそ)

そしてこのお達しを胸に、読まねばならない本の数々との闘い。
「いついつまでに3冊読み終わる」とか
「試験の課題図書コレとコレ」とか。
外国語で制限時間内に、的確に情報を読み取るという難題に出くわし、
「早く読めないと・・・正確に読めないと・・・」という脅迫観念とともに
己のフランス語理解力の限界と日々対峙して、
いつしか、読書は苦行でしかなくなっていました。

まあ、部分的にエムなので、苦行は苦行でエクスタシーだったりすることも否めないのですが。

でもねえ、うっかり手を出した数年前の流行り本で気付いたね、わたし。
辞書も引かず、寝転がって、びゅんびゅんページを繰れるって、快感

1日で1冊本が読み終わることの爽快感ったら、たまりませんわ。

日本語も悪くないぢゃん。

ブックオフに行って、日本語の本を買いあさり、なのにお会計20€といううれしい夢を見ました。
ま、夢は夢でしかないことも知りつつ、
憂き世はやっぱり浮き世でもあり、
こういう悦びに満ちているわけで。

この夏のブームは、日本語で読書♪

ページすっ飛ばすぞー。びゅーん。

2010-08-19 19:00 | カテゴリ:たわごと
フランスでは、人々が本を読んでいるのをよく見かけます。
地下鉄でも、カフェでも、公園でも、本を読んでる人がいっぱい。

ここ数年、パリの夏の風物詩といえば、
パリ・プラージュ。
海のないパリに海岸を!ということで、
セーヌ沿いに砂を持ち込み、即席海岸のできあがり。

そしてこのパリ・プラージュで期間限定の図書館をみつけました。
DSCF6548.jpg


Flammarionというフランス大手の出版社が運営。
きみどり色のテントのなかで同社出版の本を借りて、即席浜辺で読書ができます。
ほら、ここでも本読んでる・・・

DSCF6550.jpg DSCF6549.jpg

フランス暮らしの大好きなところは、
お金をかけなくてものんびり時間を楽しむための工夫がいっぱいあるところ。

わたしも本を持って外に出かけるのは好きですが、
ひとつ、困ったビョウキがありまして、
なかなか外では本をゆっくり読む事ができません。

辞書ひき病

何を隠そう、わたくし辞書を引くのが大好きです。
それほど辞書をひかなくても読めてしまえる本もあるし、
むしろ、語学学校の先生なんかは、
「辞書をひかずにフランス語での読書の楽しみを知りなさい」
と生徒たちに教えるのですが、
わたしは、辞書をひくこと自体が楽しみ。

日本で会社員をしていたころも、
勤務中に公然と辞書をひけるという理由で、翻訳の仕事が大好きでした。

そんなわけで、意味がわかるわからないにかかわらず、
本を読んでいると、辞書をひきたくて居ても立ってもいられなくなります。
さすがに外にはそうそう辞書も持っていけないので(しかも1冊じゃすまないし)、
結局本を読み出しても禁断症状に耐えられなくなって、家に帰りたくなる始末。
日本語の本を読んでも、うっかり広辞苑を引いたりするぐらいの重症です。

家で最初はごろごろソファーで読書を始めても、
結局数分後にはこんな状態・・・

DSCF6551.jpg

受験生の机みたいになってしまいます。

仏仏で引いた後、訳語のチェックとして仏和もひく、という作業が最近の趣味なのですが、
こんなことをしていると、たった1冊読破するにも天文学的な時間がかかります。

「家にいるときは何してるの?」と聞かれると、
「本読んでる」と答えているわりに、読んだ本の量が異常に少なくて恥ずかしいです。
こいつほんとに本なんか読んでるのか?」と内心疑っている友人もまわりにはいるはず。
でも、趣味は辞書引きです
なんてセリフが市民権を得る日がくるとは、とうてい思えないし。

そしてもうひとつの問題は、
山のように辞書をひいても、その内容を全部いっぺんに記憶してしまう頭を
もちあわせていないこと。

いっそ、脳みそごと辞書とすり換えられればいいのに!!!!

誰の目もはばからず、一生辞書引いて暮らせる道は大学関係ぐらいしかないだろうということで、
一般世間をあとにすることに決めた次第です。

わーい秋から辞書ひき放題
早く大学始まらないかな~



応援ありがとうございます♪今日もぽちっとおねがいします↓↓

BR.gif パリ生活情報
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
2010-08-18 19:19 | カテゴリ:たわごと
カマンベールとかロックフォールとか、農業大国フランスを背負う立派なチーズたちも好きですが、
わたし的にはスーパーで売っているこんなチーズもアリ
ushiushi.jpg


その名も La vache qui rit (ヴァッシュ・キ・リ)= 笑う雌ウシ

まずはネーミングとパッケージで間違いなくKO。
ちなみに"qui"というのは関係代名詞なんだけど、物の名前に関係代名詞が入っているというのもスゴイ。
車で出かけると、この笑顔のウシちゃんの巨大な看板が信号わきにドーンとあったりして、
なかなか圧巻の光景に出会えます。
味については、クリームチーズの食感の6Pチーズと思っていただくと
わりとイイ線いくと思います。どうぞ想像してみてください。

ところでこの vache(ヴァッシュ)= 雌ウシ という単語、
フランス語では結構ひどい扱い方をされています。

辞書を引くと「雌牛」以外に出てくる語義はこんなかんじ:
(*すべて大真面目の仏和辞典からの引用)

・意地悪な人、冷酷な人
・警官、ポリ公、おまわり
太りすぎの女(!)

そして、このバッドイメージを駆使した慣用表現もたくさん
雌ウシのエプロン → 全然似合っていない
雌ウシのオシッコ → 大雨
雌ウシみたいに酔っ払う → ぐでんぐでんに酔っ払う
痩せこけた雌ウシの時代 → 赤貧の時代
スペインの雌ウシみたいにフランス語を話す → へたくそなフランス語

慣用表現に使われるというのは、それだけ生活に根ざしている証拠だとは思うのですが、
ニコニコ笑ってるウシちゃんとはかけ離れたバッドなイメージで、
なんだが少し悲しくなります。
おいしいチーズが食べられるのは、ウシちゃんたちのおかげなのにね。

ushi.jpg



ぽちっと応援おねがいします↓↓

BR.gif パリ生活情報
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。