FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-05 04:47 | カテゴリ:パリ超ビギナーだった日々
早朝からの通訳で舌がもつれたりするあわただしい毎日をすごしていますが、
週末は平和にのどかにぐーたらぐーたらしております。
これぞぱぷりかの真骨頂。

不完全燃焼の夏を取り戻すようないい天気も手伝ってご機嫌です。

機嫌が良くなりすぎて、うっかりわたくし、やってしまいました。

スキニージーンズ購入

細長い女性のみに許されると信じていたこの手のジーンズ、
日本人バナレの進む腰つきの今日この頃、わたしなんかが買っちゃっていいんでしょうか・・・

少なくとも、これが日本だったら間違いなく買ったりしていません。
第一、日本で入るサイズのスリムのパンツが見つかるとは思いません。
大きいサイズ専門コーナーに行くほど大きくはないですが、
太ももからオシリにかけて、競輪選手keirin.jpgと見紛うほど立派なわたくし、
普通サイズのお店においてあるパンツ類では入らない中途半端っぷり。
体形に合うズボンを探すのが至難の業なのでございます。

幸運なことに見つかったとしても、
街で見かける細い女子たちのズボン姿とはかけ離れた肉々しい己の姿に愕然となる試着室、
不機嫌になってこっそり爆弾でも仕掛けたくなるのが関の山。

というわけで、日本では絶対穿こうとすら思わないのですが、
パリ生活1年、ヨーロッパ各国から集まる立派なオシリの女性に目が慣れまして、
「あれ?わたしなんて小さいじゃん」という錯覚を起こすようになりました。

oshiri.jpg ↑立派!

そして洋服屋さんに行っても、わたしのサイズなんて一番小さいかその次ぐらい。
日本では見栄を張ってMサイズを試着するも、あっさりLサイズとお取替えがざらだったので、
店員さんに「もうワンサイズ下でもいいんじゃない?」といわれる幸せ!!!!
フランスバンザイ。

そんなわけで、自分が小さくなったような錯覚を起こしたまま、
見事にスキニージーンズまで手を出した次第です。

ここではお肉むちむちのオシリをぶりぶり歩いても、誰も何も言いません。

ちなみに、この「小さくなったかも」の感覚を抱いて日本に帰ると、
間違いなく待ち受けているのが身体的インフレです。
ヨーロッパサイズの中では小さく感じた自分の体が、
アジアサイズの中では巨大になったような感覚に襲われ、
ガリバーの気分が味わえます。

ま、当分日本に帰るつもりはないので、
小さなわたし♪
↑目くらましって危険・・・


追記:以前からの服は順調にキツクなっています。小さくなったのは感覚だけ。
まあ、毎日アイスクリーム食べてればねぇ・・・



いつも応援ありがとうございます。今日もぽちっとおねがいします↓↓

BR.gif パリ生活情報
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。