FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-19 16:41 | カテゴリ:みそじ大学生②
学士最初の年に、もうほんとうにしんどくてしんどくてたまらない授業がありました。

歴史系の授業だったのですが、

先生が超早口で何言ってるかわからない
先生の話が飛びすぎてついていけない
毎年授業内容を変える先生なので、過去問も過去のノートもでまわらない

自分ではノートを取りきれないので、何人かのフランス人同級生から、何種類かのノートをかき集め、
それを読んで、まとめて、試験勉強。(ちなみにノート読むだけで何日もかかって冷や汗かいた)
そして本番では

「とにかく知っていることを書いて書いて書きまくれ」

というフランス人学生たちからのアドバイスにしたがって
手が動かなくなるほど書きまくり(テストはほとんど小論文です)
そしてほとんどの科目はこの方法で合格点がとれました。

、この先生の科目だけは見事落第点。
結果発表の張り出しを見ても、フランス人ですら取れている人がほとんどいない。(というか0点続出・・・)
もちろんノート貸してくれた友達も落としているし、

いったい全体どうすればいいんだよー。

そして試験明けの先生からの結果についてのコメント

習ったことを全部書いた人、それじゃあ全然ダメです。
必要なポイントをチョイスして、簡潔に、そして説得力のある回答を書きなさい。

そしてこのとき、わたくしは人のノートに頼ってちゃいかんとなぜか直感的に感じたのです。
かと言って、試験に出そうな超細かいポイントとか、
細かい論理の説明とかを聞き取って理解できるだけのフランス語力はなかったわたくし。

ますますどうすればいいんだよー(涙)

半べそをかきながら、後期、とんでもなく超ドMな勉強法に踏み切るのでした。

思わず長くなったから、つづく・・・


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。