-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-15 08:27 | カテゴリ:『それ』以降
超ド級モノタスクにつき、どこをどうがんばっても大学があるときはブログまで手が及びません。
そんなワタシが唯一解放されるのが夏休み。
そして今年もまた懲りずに夏の女、ここに再来です。

大学に入る直前にこのブログを始めたワタシもつい先日、修士の1年目を無事に終えました。
秋からは修士2年目。提出用の研究計画書なんかを書いていると、
ようやっとそれっぽくなってきたなあと、ひとりニンマリしていたりするわけです。

でも実は「ハカセになります」と公明正大に宣言してきたものの、人知れず揺れる心がありました。
自信のなさというか、ほんとうにそんなことできるんだろうかという疑念がちらつき、
さらには、サラリーマン家庭で育ち、まがりなりにもサラリーマン生活をしていた人間が、その「当たり前」になっていた景色からいざ抜け出てみると――望んでそうしたにも関わらず――、それはそれは不安で恐ろしい未知の世界だったことも確かなのです。
思えばたった1年前にはまだその揺れる心を抱いて、修士1年目が終わったあとには研究コースにいくか、実務コースに行くか密かに迷ったりしていたことを思うと、なんだか不思議な気がします。

この1年、ワタシにとっては信じられないぐらい画期的なことがたくさん起きて、自然と気持ちが固まりました。
今となってはもう研究道まっしぐらしか考えられない、そしてそれが「あるべき景色」に見えるようにもなりました。

というわけで、ぱぷりか再来記念、あらためて心の叫びをお聞きください。

そうだ、ハカセになろう

つづく(希望)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。