-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-17 01:34 | カテゴリ:『それ』について
ああ、論文、論文♪

今年出した論文を境に、ワタクシ自分不信から解放されました。
それはもう、「それ以前」「それ以降」とはっきり区切れるほどの変化です。

やるべきことにまっすぐ向き合えない自分――それはもしかしたら虚像だったのかもしれないけれど――に、
それはそれは長いこと煩わされてきました。

・・・いや実は、この「やるべきこと」っていうのが結構クセ者で、これを正しく理解するに至るのにずいぶんかかったのでございます。ただこれを全部書こうとすると長くなって、またブログ挫折への道が華々しく開けてしまいそうなので、この「やるべきこと」についての解釈はまた別に書くとします・・・

はっきり言って、今年、論文の名のもとにひよこのワタシたちに要求されたことは量的にも質的にもお子様ランチみたいなものでした。だからそれ自体はたいしたことない。
ただ何よりも、最後の最後まで驚くほどのエネルギーが湧きつづけ、
これでもかこれでもかと食い下がり続けられる自分がいたことに何よりも驚き、
自分のしたいことに最後まで真正面から向き合える自分がいたことを発見しました。
(そしてまた、最後の最後まで本気で引っ張り続けてくれる師匠に出会えたことも、
これまた信じられないようなラッキーだったのですが。)

だって、いつも最初は盛り上がっても途中で面倒くさくなって、テキトーに済ますのがワタクシ流だったのです。
そして、そんな尻すぼみなことしかできない自分に嫌気がさしつつ、どうせ自分なんてこんなもんだし、
「粘り強さ」なんて絵に描いた餅、自分には持ち合わせない美徳だと思っていました。

でも人間、本当に自分のやるべきことの前にあっては、絵に描いた餅は、本当の餅になるんですわ。
餅が絵のうちは、自分のやるべきことではないと思ったほうがいい。

そして自分不信から解放されるということは、無駄な自意識過剰からも解放されるということ。
結果とか、周りの評価とか、そいうものが一切どうでもよくなってしまいました。

今のワタシの欲望は、
自分のしたいことを、自分のしたいように、ただし続けたいだけ。
できるかどうかなんてわからないけれど、
それが実るかどうかなんてわからないけれど、ただやりたいからやる。

こんな基本的な欲望に素直に生きられるようになったら、
人生、ぐっと楽になりました。

ハカセ道、やっとここに始まるの巻、です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。